【トレーニング効果を高めるためには積極的休養と消極的休養】+温浴交代浴

どーもケンです!

アキレス腱やふくらはぎを痛めていたが、サポーターをつけることでラン中心のトレが14日続づけてやっていました。

さすがに、休養を入れないとまた故障しそうです。

ジムであればスイムなどに切り替えができるのですが。

コロナ急増のためジムに行っていません。

今日は休養について書きたいと思います。

休養には2種類ある。

積極的休養と消極的休養

積極的休養

 

積極的休養とは、疲労時に身体を動かして血流の改善を良好にして、疲労物質の排出を促します。スポーツ選手が早く疲労を抜くために考えられた。
  • ストレッチ
  • ウオーキング、水中ウオーキング、水泳など
  • 激しい運動でなければ何でもいいと思います。とにかく疲労抜き運動です。

 

消極的休養

 

消極的休養とは、家でごろごろしたり、入浴や読書などをしたりしてからだを動かさずにゆっくり休むこと、肉体的な疲労回復を目的とする休息。
  • 入浴、昼寝、マッサージなど

休養の効果

 

休養の効果は、運動を毎日をやっていると、知らず知らずのうちに疲れが溜まり、ある日やる気がでない、疲れたと緊張の糸が切れ、体調を崩すことがあります。休養は、このような溜まった心身の疲れを回復させるのです。

オーバートレーニング症候群

オーバートレーニング症候群に注意!オーバートレーニングとはスポーツ活動などによって生じた生理的な疲労、精神的な疲労が十分に回復しないまま積み重なり、常に疲労を感じる慢性疲労状態となること。
  • 練習量を減らす(休む)
  • 日頃から自分自身のコンデイションを把握する。
  • トレーニングで疲労を感じたら、ケア・休養=回復⇒パフォーマンスのアップ⇒よりレベルの高いトレーニングができる。

 

オーバートレーニング症候群の症状

  • 安静時の脈拍が多くなる。安静時の脈拍を把握しておくこと。
  • 全身の倦怠感、練習に前向きになれない。爽快感が得られない。
  • 寝つきが悪くなり、睡眠の質が悪くなる。
  • トレーニングで疲労を感じたら、トレーニング継続⇒疲労がますます蓄積⇒オーバートレーニング⇒ケガやコンデイションが低下

 

トレーニングは継続してこそ意味がある。そのためにはオーバートレーニングに注意して練習と回復のバランスを考え、ペース配分することが重要です。

温冷交代浴

 

温冷交代浴は40℃の湯舟に8分ほど浸かって、冷水(シャワー)で1分ほど。これを3回程繰り返します。疲労を回復させるだけでなく、スポーツのパフォーマナンスを向上させる効果が期待できます。ケガの予防や筋肉の回復をサポートする働きがあります。新陳代謝を上げて太りにくく、痩せやすい身体を作ることにもつながります。

 

温冷交代浴の効果

  1. 温かいお湯につかると、温熱効果で血管が拡張します。
  2. 冷たい水が体に触れると、筋肉と血管が収縮します。このように血管が拡大と収縮を繰り返すことで、血管のポンプ作用がアップします。
  3. 全身の血流が良くなって、滞りがちな末梢の血行が改善できます。
  4. お風呂で体を温めると足のむくみが取れて内臓が活発に動きだす。
  5. 廃物や疲労物質が除去されます。
  6. 冷やした後により深いリラクゼーション効果が生まれます。

 

ジムだと(サウナ→水風呂)又は(お風呂→水風呂)→外気浴といろいろ温冷交代浴が楽しめます。

僕にとってジムは最高の場所なのです。コロナが終息したら早く行きたいです!

最後までお読みいただいて有り難うございます