ケンの一番人気記事です!熊本のおすすめラン・トレイルランコース8選です!クイックしていただくとご覧できますよ。

【アディダス アデイゼロボストン11】レビュー!サイズ感と実走した感想。

こんにちはケンです!

毎日の練習記録はtwiterで発信しています。(twiter:ken_run_ride

今回は、アディダス アディゼロボストン11で実走したのでサイズ感と感想を紹介していきます。

ここ2~3年はナイキかホカオネオネを使っています。

アディダスを購入したのは、マラソンを始めた当時(10年ほど前か)にアディダスのブーストを履いて以来。

半年前に新シューズを考えていた際、ホカオネオネとアディゼロボストン11かを迷って重量でホカオネオネに決めてしまった。

今回、元旦で大売出しでメチャ安くなっていたので2足購入したのです。

それが、アディダス アディゼロボストン11ホカオネオネ カーボンX3でした。

ホカオネオネカーボンⅩ3をレビューしましたので、こちらの記事を参考にしてください。

スポンサーリンク
目次

サイズ感と履き心地

ケンは、ホカオネオネやナイキでサイズ27.5㎝を使用しています。

ボストン11は、カーボンX3に比べると短く感じるがヒール部分が長いためです。

ボストン11も27.5㎝で丁度良かったが、シュータンが短く伸びにくく、履き口が狭いためか履きづらく感じました

ヒール部のプルタブが伸びて、履きやすくなっています。

外観は

外側
内側

アッパーは

メッシュアッパーで薄く軽量で中央部が透けて見えました。

ミッドソールとアウトソールは

ミッドソールの特徴
  • 上部のライトストライクPROクッション性、反発性、弾力性、軽量性など全てをハイレベルで実現した低密度高反発ミッドソール。
  • 下部のライトストライクEVAは圧倒的軽量性と耐久性、安定性を併せ持ったEVAミッドソール。
  • ライトストライクに5本の骨状バー(エナジーロッド)が搭載されている。シューズの裏から見えます。安定性と推進力をバランスよく発揮する

アウトソールは自動車や自転車でも使用しているコンチネンタルラバーでグリップ力が高い

雨で濡れた路面でも安心して走れるようです。

重さは

重さは296g(27.5cm)でした。

ホカオネオネカーボンⅩ3が241gでしたので、55g重い。

第一印象は持って見ると重いなぁ~。

半年前に購入しようか迷ったのが重量でした。

実際履いてみると、特に重いとか感じなかったです。

実走してみてどうだった!

ホカオネオネカーボンカーボンX3、マッハ5やナイキペガサス38に比べると厚底でも硬さと安定感を感じました。

プロネーションの異常がある方には、安定したランニングができると思います。

膝を悪い方はおすすめです!

履き口が狭く履きにくい感じがあります。

シュレースが短いです。2段ハトメ結びをする方は足りないかもしれません。

フィット感は高い。クッション性と反発力も高く、1時間走っても足の負担はありませんでした。

アディダスと言えば、つま先が細く小指に痛みがでることがありましたが、ボストン11はつま先の窮屈感はなく、快適に走れました。

これから、ポイント練習やレースで使用していきます。

ボストン11の途中経過や走行した詳細を随時報告していきます!

ブログランキングに参加しています。応援のワンクイックをいただくと嬉しいです!

PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次