ケンの一番人気記事です!熊本のおすすめラン・トレイルランコース8選です!クイックしていただくとご覧できますよ。

【西原村モーニングトレイル】レース記 最高の景色と試練に耐えた!

どーもケンです。(twitter:ken_run_ride)

ケン

西原モーニングトレイルに参加しました。最高の景色と今まで体験したことのない試練に耐えました。これからレースに参加される方に参考になればうれしいです(^_^)

スポンサーリンク
目次

西原村モーニングトレイル

西原村は熊本市中心地から東へ約20km、熊本都市圏と阿蘇カルデラ(南郷谷)の間にある。阿蘇外輪山の西麓に位置し、原野と森林が多い緑豊かな村です。

西原村モーニングトレイルのスタートは「俵山交流館 萌の里」で多くの観光客が訪れる憩いの場です。

見上げる俵山(1096m)は、熊本だけでなく九州を一望できる絶景スポットです。

コースは俵山(1096m、二の峯(870m)、一の峯(858m)です。

ケンはロングコースを走りました。

コース
  • ロングコース 距離 17.8k 累積標高 1250m 制限時間:4時間30分
  • ショート   距離5.5k   累積標高 250m  制限時間:2時間 

西原村モーニングトレイルランの景色が最高

熊本市内から20kで1時間ほどかかります。

受付時間が4:30~6:00でしたので、4時に自宅を出発。

5時に現地に到着。

晴天で満月が綺麗

スタートが6:30で選手が集まった。参加者は300人

絶景フォト

ワンピースのナミ像が迎えてくれます!
走り始めは草原を一列で歩きます。
俵山頂上でガッツポーズ
山道
二の峯に登ります
一の峯に登ります
二の峯から一の峯につながる山道

試練に耐えろ!

ケン

楽しいこともあれば、試練の闘いがありました。

1回目の南阿蘇カルデラトレイルも試練はありましたが、西原村モーニングトレイルはそれを越える試練の連続でした。😫

中盤まで景色を楽しむ余裕がありましたが、後半は足が攣ったり、脱水症状、エネルギー不足と体調が悪化。

途中コースがわからなくなることも。わからなくなったら、元のコースに戻るのが鉄則。

急な斜面をハシゴやロープで登る場所もありました

ハシゴを使って登ります
急な斜面をロープにつかまって登ったり下ったりの連続

走初めは、涼しく快適でした。

山道になると陰が多いのでさらに涼しく。時々「気持ちええ~」と声を出す人も多い。

しかし、ゴールに近くなるほど気温が上がってきて、水分が足りなくなった

前半28℃、後半は37℃でした。暑いはずだ!(>︿<)

西原村モーニングトレイルの結果

中盤まで絶景でphotoをたくさん撮って楽しみました。

後半は試練と闘い、しかも今まで経験したことがないことが!

それは、途中でゴール1.5k手前で制限時間15分前と聞いたのです。

嘘でしょうと~

下りでしたので、余裕でゴールすると思いました。

しかし、ゴールが見えるどころか登り坂にかわり、なかなか下りにならない。😖

暑くて暑くて、水くれ~

スタッフから「もうすぐゴールです。走れるところは走ってください。」

走れるわけないだろうと言いたかった。

そして、ゴール! 

制限時間に間に合いませんでした。

結果

高度

心拍とトレーニング効果

感想

西原村モーニングトレイルは3時間30分ほどで完走すると思っていたので、制限時間を関係ないと思っていた。

参加した目的が景色を見ながらトレイルを楽しむこと。

景色は最高でしたが、トレイル(山道)は、ハードでしたね。

それと、夏のトレイルは厳しいものがありました。

暑さ対策やコース調べをしていなかった。これが敗因の原因。

でも、勉強になりました。

また、リベンジしますよ!😁

終わって、コーラで乾杯!最高に美味かった。

ブログランキングに参加しています。ワンクイックいただくとトレーニングの励みになります!

PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次