ケンの一番人気記事です!熊本のおすすめラン・トレイルランコース8選です!クイックしていただくとご覧できますよ。

ホカオネオネ 「TORRENT 2(トレント 2)」レビュー&感想

どーもケンです!

ケン

ケンがトレイルランで使ったシューズ ホカオネオネトレント2をレビューしたいと思います。

ホカオネオネトレント2
スポンサーリンク
目次

ホカオネオネトレント2を購入した理由

マラソンやトライアスロンを中心にレースに出場していました。

コロナ禍でレースが中止になることが多く、何か違う種目に挑戦したいと思っていた。

そんな時に思い立ったのが、「トレイルラン」です。

トレイルランニングは、様々な種類の地形(砂地、土の道、一人しか通り抜けられない山道森の小道、雪道など)走るスポーツです。コロナ禍にはとっておきのスポーツだと思います。

トレイルランでは、傾斜や岩場、ぬかるみなど足場の悪い道を走ることになります。

マラソン用だと滑って危険です。

そこで、トレイルランシューズを購入することにしました。

ホカオネオネトレント2を選んだ理由
  • ぬかるみでも滑りにくいラグが5㎜
  • 軽量で、クッション性と反発力の両方を持ち合わせている。
  • マラソンでホカオネオネシリーズの靴を履いて、好きなメーカーでした。

ホカオネオネトレント2の特徴

着地時のクッション性や推進力を両立したミッドソール

ミッドソール

安全な路面への着地のクッション性と、つま先離れの良い反発性を感じました。

5㎜のラグ

5㎜のラグ配列がランダム

ラグ(靴底の突起)が高く多方向に配置されたラグほど、ぬかるんだ泥の中で走る場合に十分なグリップ効果を発揮し、路面でも滑りにくい

ラグは5㎜で配列パターンがランダムを選びました。

ラグが3mmよりも5㎜の方が、ぬかるんだ落ち葉や下りでのグリップ力が高いと思ったからです。

エンジニアードメッシュアッパー

通気性がいいので、速乾性が高い。

ホカオネオネトレント2の重さ

左右とも27.5㎝で265gでした。

とにかくトレランシューズの中でも軽量です。

右265g
左265g

ちなみに、もう一つのトレランシューズはナイキ ペガサストレイル3です。

ラグは3㎜で、クッション性がかなり評価が高いと思います。

グリップ力がぬかるみでは滑って弱いように思いました。

右325g
左322g

ホカオネオネトレント2とナイキペガサストレイル3を比べると約60gの差があります。

使った感想

ホカオネオネトレント2を履いてみて、かなり軽いと感じます。

ラグの深さが5㎜感は、ペガサストレイル3の3㎜と比べて高いとすぐにわかるぐらい。

グリップ力はホカオネオネトレント2の方が高い。

ほとんど滑ることはありませんでした。

クッション性は、ペガサストレイル3の方が高いようです。

距離が長いか、短いかトレイルの環境次第で、ホカオネオネトレント2かナイキペガサストレイル3を選びたいと思います。

トレイルランを楽しむなら、専用のシューズを使うことが大事です。

このブログで紹介したグッズは、私が実際使ってみてよかったものを紹介しています!

皆さんのお役に立てば幸いです。

ブログランキングに参加しています。応援のワンクイックをいただくと嬉しいです!

PVアクセスランキング にほんブログ村
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次